2021年07月31日

大阪と福岡の検閲解除印

大阪型改.jpg福岡型改.jpg日本は1945年に太平洋戦争で敗れ、事実上米軍のみによる連合国軍総司令部(GHQ)によって占領統治されました。GHQは日本国民の郵便と電信・電話を全面的に検閲しました。「米軍検閲」「占領検閲」などとも呼ばれます。

いったんは検閲ルートに乗せられ、検閲されずに戻される検閲解除郵便物も多数ありました。これらには丸二型の「検閲解除印」が押されました。GHQの民間検閲部は東京、大阪、名古屋、福岡の4地区で郵便検閲を実施し、検閲解除印もこれに対応する4タイプに分類できることが最近分かってきました。

このうち大阪型と福岡型という非常によく似たタイプの判別方法を報告します。名古屋型については、既にこのブログで2018年04月30日に「米検閲解除印に名古屋型」として述べました。東京型は他より一回り大型で簡単に区別できます。札幌でも検閲はされましたが、解除印は使われていません。

上に示した2通のカバーはに大阪型、に福岡型の解除印が押されています。大阪型カバーの日付印は不鮮明ですが、発信地から「大阪住道局 23年1月14日」と推定でき、秋田県宛てです。福岡型は「大阪西局 23年12月7日」印で引き受け、福岡市宛てです。このカバーの検閲(の解除)は到着地の福岡で行われています。

大阪-2.jpg大阪型と福岡型の本質的な違いは、金属印かゴム印か、です。大阪型()が櫛型通信日付印の金属製印顆に「検閲済」などの活字をはめ込んでいるのに対し、福岡型(左下)はゴム製の一体型です。このため、大阪型はリングが常に正円ですが。福岡型は押印の際の力のかけ方でリングにわずかなひずみが見られます。

また、通信日付印を流用した大阪型は、構造上からリングと「検閲済」欄の2本の桁線が離れています。福岡-2.jpgこれに対し、一体型の福岡型ではこれが完全に接しています。

違いの2点目は「検閲済」の字体です。大阪型は字体が長体(縦長)、福岡型は平体(横長)か正体せいたい(真四角)です。つまり、幅より高さが長い漢字は大阪型で、それ以外は福岡型です。

上の2印を例に取ると、大阪型印の「閲」字の実寸は幅4.5㎜、高さ6㎜で、縦横比は1:1.3の長体です。一方、福岡型印の「閲」は幅5㎜、高さ5㎜で、縦横比1:1の正体です。これらは一例で、すべてがこの比率ではありません。福岡型の多くは平体です。しかし、大阪型には長体以外はありません。

違いの3点目は「RELEASED BY」のDとBの間のスペースが大阪型では1文字分完全に空いていますが、福岡型ではほとんど空かずに詰まっています。「広いか狭いか」は相対的なので、白か黒かというほどの決定打にはなりません。しかし、補助的な判別法としては十分に有効です。

この他にも両者とも印色や直径、文字の大小などさまざまなバラエティがありますが、いずれも決定的とは言えません。

念のためですが、上に述べた大阪型の特徴は、大阪検閲局に属する名古屋支局で使われた名古屋型でもほぼ同じです。名古屋型が大阪型と異なる点は、①D、E欄に相当する三日月型の空白部分に「・」が入っているか、あるいは②「CENSORSHIP」のCとPが下部桁線に接する、のいずれかです。これは前記した「米検閲解除印に名古屋型」で一部述べました。

検閲解除印について初めて本格的に論究したのは森勝太郎氏「第2次大戦後の占領軍の郵便」(1974年)です。森氏はこの中で丸二型検閲解除印を3タイプに分類しました。現在よく参照、引用されている裏田稔氏『占領軍の郵便検閲と郵趣』(1982年)も森氏の分類をそのまま踏襲しています。

森・裏田氏の3分類を規準にすると、GANの地区別4分類との対応関係は次の通りです。
 RC3:東京型
 RC4:福岡型
 RC5:大阪型、名古屋型

posted by GANさん at 03:33| Comment(0) | 郵便検閲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください