2020年09月14日

戦争を経済的に総括する

収支報告.jpgこの夏、『太平洋戦争の収支決算報告』(右図=青山誠著、彩図社、\1,300)という本が出版されました。新聞広告で知って一も二もなく購入しましたが、全くの期待外れでした。

タイトルに「収支」とありますが、「支出」に当たる経費・損害ばかりが書かれ、「収入」に関する論及がありません。当然の結果として差引決算など出来るはずもない。「羊の頭を見せて狗(いぬ)の肉を売る」の類いの商法です。このような題名を付けた著者・出版社は恥を知り天下に謝すべきです。

明治以来の近代日本が何度となく繰り返した戦争が「割に合う」ものだったかどうかは、台湾、朝鮮など植民地経営の「損得勘定」と合わせて昔からGANの関心を強く引くところでした。倫理や政治からでは定量的な分析は出来ません。しかし、経済学や会計学の方法の「戦争事業」「植民地経営」への適用は可能だと思うのです。

日中・太平洋戦争の軍事費に関する報告は既に大蔵省が国家財政の立場から出しています。しかし、戦後4半世紀を経てほぼ確定しかけている史実を踏まえて経済視座からの総合的な戦争分析はまだ見ないように思います。歴史学と経済学との協同作業が必要でしょう。結論は不明ですが、「収支相償わない」ように予想します。

元に戻って、この本は戦費、人命と財産上の損害、喪失した植民地・占領地の価値、戦後賠償の4点を中心に書かれています。いずれも「こういうこともある」と示す程度で、新たなデータを発掘してきたわけではなく、著者独自の視点や分析も見当たりません。ほとんどが既刊の2次資料の引用です。

良いところを強いて挙げれば、分かりやすい言葉で書かれていることでしょうか。予想に反して難しい会計用語や財政・金融論などはまったく出てきません。スラスラと読み進められるのですが、逆に言うと、心に引っかからない、頭に残らないということでもあります。経済的分析能力や歴史観の問題かと思われます。

本書とやや近い発想の関連書として、既に『臨時軍事費特別会計』(鈴木晟著、講談社、\2,000)が出ています。力作です。関心のある方にGANはこちらをお奨めします。

posted by GANさん at 12:20| Comment(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

神田『野戦局々名目録』

局名録1.jpg局名録02.jpg100年以上前の郵趣の大先輩がまとめた我が国初の軍事郵便研究書を最近のヤフオクで入手しました。1913年(大正2)に神田柳吉氏が自家出版した『野戦局々名目録』です。存在は知られていましたが、実物が世に出たのは、少なくとも戦後は、初めてではないでしょうか。

これは小型の和本で、上質な和紙に活版印刷され紺色の平紐で綴じられています。判型はJIS規格以前の菊判の半裁というのでしょうか、15.6×11.5㎝でA6判とB6判の間です。表紙を除く本文15葉(30ページ)、うち2葉は挿絵です。奥付に「大正2年5月26日発行、発行者・神田柳吉」と記されています。

局名録03.jpg内容は日清・日露戦争と明治36年大演習で実際に使われた野戦局(艦船郵便所を含む)印の局名リストが主体です。附録として、日露戦争の野戦局で使われた朱色と紫色の色変わり印、記念印のリストもあります。日清戦争で20局、大演習の全6局、日露戦争では164局もの局名が挙げられています。

日露戦争の野戦局が全廃された1907年(明治40)からわずか6年後でこれだけの局種・局名を集めたとは、大きな驚きです。神田氏は他にも郵便日附印、記念日附印(特印)使用の公達、特設局開設告示、郵便税消印番号印(記番印)リスト等々を同じ体裁で続々と自家出版しました。日本郵便印・郵便史研究の偉大な先蹤者です。

印刷技術上の制約からか、この本には印影図が採録されていません。代わりに、軍名、日付、局名を2本の区画線で3段に区切って丸二型野戦局印を説明しています(上図左ページ)。神田氏は後にこの本の増補改訂版とも言うべき「野戦郵便局日附印形式及局名」を郵趣誌『郵楽』に連載(1916-7年)し、そこでふんだんに印影写真を載せました。

神田氏の自家出版本の大部分を収めている郵政博物館資料センター(旧「逓博」)にもこの本はありません。吉田景保氏の労作『日本郵趣文献目録』( 1979年、双龍社)にはタイトルなどが1行だけ採録されていますが、題名、編者名ともに不正確で、現物を確認できなかったようです。消印、特に野戦局印が大好きだった吉田氏が内容に一言も触れていないのも、考えられないことだからです。

以上の次第で、この『野戦局々名目録』は単に稀覯本というだけでなく、GANにとっては先達の足跡をたどる上で欠かせない第一着の文献です。大切にしたいと思います。
posted by GANさん at 21:54| Comment(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

タダでなかった飛信逓送

飛信逓送.jpg明治初期、公用緊急通信の急送手段として「飛信逓送」という制度がありました。郵便局というハードウエアを利用して書状を送達するので郵便の一部と考えられがちですが、GANは郵便の範疇には含まれない別制度と考えています。飛信逓送の性格を正面から論じたら興味深い大論文ができそうですが、ここは措いておきます。

ただ、性格論と関連する根本問題として、2点を問題提起しておきたいと思います。「飛信逓送は無料の軍事郵便」が定説とされていることです。直近の『ビジュアル日本切手カタログ 第4巻』(日本郵趣協会、2015年)にもそう書かれていますが、誤りです。飛信逓送は無料ではなく、軍事郵便でさえありませんでした。

飛信逓送は、特定の公用書状を「脚夫」(ランナー)が昼夜兼行で郵便局間を継ぎ送りし送達する制度です。利用は非常事態下の官庁(公用)に限られ、私用には使えませんでした。郵便切手は使わず、経由する郵便局ごとに「飛信逓送切手」が渡されて飛信書状であることを証明しました。

日本郵趣協会(JPS)は1974年に始まる『新日本切手カタログ』の時代から今日の『日本切手専門カタログ』(日専)まで飛信逓送切手を「その他の切手類」として取り上げてきました。前出の『ビジュアルカタログ』はその最新版ですが、その中で1ページを割いた大型コラム「飛信逓送切手」(p.44、上図)としてこの制度を次のように紹介しています。
飛信逓送はこのような非常事態(士族反乱や農民一揆=筆者注)に際し、緊急の書状を逓送するために、1874年(明治7)に制定された無料の軍事郵便で、……
ところが実際には、この制度を利用できたのは正院(今日の「内閣」に相当)、外務省、内務省、大蔵省、工部省、司法省、宮内省、開拓使、陸・海軍省、各地鎮台・営所と各府県庁でした。陸・海軍省と鎮台・営所以外はすべて軍事と無関係で、むろん、軍隊の運用権はありません。

暴動などが起きた場合、まず鎮圧に当たる警察の指揮権は内務省にありました。どの国の政府でも、軍隊の治安出動は警察力で対応しきれなくなった場合に限られ、あくまで2次的な想定です。制度の利用者、実際の運用の両面から言って、この制度の目的は広義の治安維持にありました。軍事関係者だけに利用を限定してはいず、軍事郵便ではありません。

次に、飛信書状を運ぶ「脚夫」は経由する各局でそのつど部外者を手配するため、脚夫に労賃を支払う必要がありました。局で立て替え払いしておき、後で駅逓寮(郵便所管官庁、10年1月以降は「駅逓局」)に飛信逓送切手を提出して清算する仕組みでした。つまり、利用のたびにコストが発生し、それを駅逓寮が負担する有料の制度です。

この駅逓寮負担は会計原則から言って不合理な処置でした。大蔵省の提議に基づいて、西南戦争のさ中の明治10年7月以降は「各廳ニ於テ飛信ヲ要シ候節、右逓送費ノ儀其廳經費中ヲ以支拂候儀ト相心得」よ、と通達されました(10年8月24日正院達第59号)。脚夫賃は利用した陸・海軍省や内務省などの受益者負担と改められたのです。このように、飛信逓送が無料というのは全くの誤解です。

JPSは1974年に最新の郵趣研究成果を集大成した極めて意欲的な『日本切手百科事典』を刊行しました。その中で「飛信逓送切手」が詳説され、制度について以下のような説明があります(p.209)。筆者として天野安治氏の名が記されています。
不平士族の反乱、農民一揆など明治初期の反政府暴動に対処するために制定された公用の無料軍事郵便で、……
論拠となる出典は示されていず、天野氏の考えと解されます。我が国郵趣界最高権威のこの誤認記事から問題が始まります。『新日本カタログ』は翌1975年版にさっそく天野氏の新説を取り入れ、「飛信逓送は公用の無料軍事郵便」と全面的に書き換えました。このカタログの74年版までは「(飛信逓送は)公用郵便物の特別送達」と書かれていました。「無料」と「軍事」はなく、正しい説明だったのです。

『新日本カタログ』はその後『日専』に発展しましたが、以後えんえん40数年間、天野氏のこの記事は丸写し続けられました。最初の方で示した『ビジュアルカタログ』のコラム記事も、もちろん天野氏記事が祖型です。この間、JPSのカタログ筆者らが根拠となった記事を見直したり精査した形跡は全く見られません。

そもそもJPSが発行する近年のカタログ類には編集・出版上の定見がありません。目立つのは明らかな事実誤認や校閲上の単純ミスばかりです。コレクター仲間の評判が、はっきり言って、とても悪い。営業上の困難は理解できるのですが、一貫性を放棄して縦横無尽にブレまくったり権威に盲従して先人の遺産を食い潰す弁明にはなりません。飛信逓送「問題」は氷山の一角です。

創業理事長を務めた水原明窻氏亡き後、責任ある統括者、監修者がいないのが原因とGANは見ます。名目上の理事長や「責任者」が、あるいはいるのかも知れません。「水原氏並みに」とまでは言いません。少しは使命感と、わずかでも意欲の見える出版物を出してほしいものです。

追記】(2017.12.10) 今年のJAPEX会場で発売された「日専」の後継カタログらしい『日本普通切手専門カタログ 戦後・ステーショナリー編』では、このブログで「無料の軍事郵便は誤り」と指摘した点が改訂されました。新しい解説では「……反政府活動に対処するため、……公用の郵便制度が設けられ……」となり、従来の版よりはマシになっています。
posted by GANさん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

印判付き飛脚状の大集成

飛脚表紙.jpg飛脚状の収集で知られる山崎好是氏が最近、40年近くに及ぶコレクションを中心に展開した『飛脚-飛脚と郵便-』を出版しました。この方面には無知のGANですが、素人目にも興味をそそられる、大変な労作と映りました。

山崎氏は飛脚業者の店名を表す印判、「店判」が押された飛脚状を中心に収集してきたようです。それを業者の営業形態(継飛脚、三度飛脚、定飛脚、米飛脚など)と逓送路(街道筋)の2次元により、理屈でなく飛脚状の現物について整理、紹介しています。分かりやすさの原因はこの辺にあるのかも知れません。

掲載されている飛脚状は全体で300通近くにもなるでしょうか。その大部分はアルバムリーフ形式にアレンジされ、カバーごとに1ページを使って店判の印影図と簡潔な説明が添えられています。店判図は264種を収録したといい、描き起こしの裏作業のための大変な時間が想像できます。

飛脚中頁.jpgその店判を持つ飛脚状ですが、全国漏れなくカバーしているのが壮観です。逓送路でいうと、京阪奈と東海道筋はもちろんのこと、美濃路、伊勢路、西国筋を小倉(左図)まで、信州・中山道、野州・奥州道中を宇都宮まで集められています。この過程で、地方史などの渉猟から各宿駅、各時代ごとに多くの飛脚業者名を発掘し、リストに整理されています。

著者自身の最大の関心は、飛脚と創業直後の郵便との関わりにあるようです。初期郵便史の研究者が随喜しそうな「飛脚が関与して逓送された郵便」15通が紹介されています。各博物館の所蔵品も網羅して、これが今日知られるコンビネーションカバーのすべて、なのかも知れません。

創業直後の官営郵便は、北海道から九州に至る全国主要地を最短時間で結ぶことを至上命題としました。幕府以来整備されてきた五街道が主要逓送路となり、その先やそれ以外に手が回りません。逓送路からはずれた枝道、傍道、僻陬の地にまで郵便を届けるにはどうするか。存亡の危機に遭遇した飛脚業者のサバイバル(短期に終わりますが)ぶりがカバーから手に取るように分かり、新鮮です。

官営郵便に張り合ったり折れ合ったりと、ビミョーかつ複雑な関係を持った地方独自の通信制度にも抜かりない目配りがされています。土佐の村送りは別として、北条県の郵伝制度、愛知県半田の特別地方郵便制度のシステムなどは初めて知りました。

ところで、私たちが日ごろ目にする飛脚状は、店判はおろかハンコの一つさえ押されていないものが大部分です。山崎氏によると、東日本では飛脚状に店判を押すことは通常はなく、飛脚が運んだかどうかすら疑われる、ということです。歴史的資料のはずのこれらスタンプレスカバーを放置してよいか。カワイソー、とGANなどはついつい思ってしまうのですが。
                   ☆
山崎好是著『飛脚 -飛脚と郵便-〔山崎好是コレクション〕』 2016年7月鳴美刊、B5判320ページ、7,407円
著者は1958年生まれ。郵趣品と観賞魚の売買と関連書籍出版業の株式会社鳴美代表取締役。大学の卒論は「絹の道と郵便」。飛脚状収集家。郵趣関係と観賞魚関係の編著書多数。
posted by GANさん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

軍事郵便の通称号研究書

Apr28&02.jpg太平洋戦争中の陸軍軍事郵便を解析するためには、発信用のアドレス表示として使われた兵団文字符と通称番号の知識が欠かせません。郵便史研究家の故裏田稔氏は1990年代、「軍事郵便にみる兵団文字符と通称号」のタイトルで軍事史研究者の団体「史実研究会」会報に軍事郵便エンタイアの実例を示して研究記事を連載していました。

ここで「兵団文字符」とは、太平洋戦争期、旅団以上の規模の部隊に付与された漢字1文字(末期には2文字も)の符号です。第16軍=「治」、第2師団=「勇」のように使われました。

一方、「通称番号」は独立小隊以上の全部隊ごとに付与された4桁(後期には5桁も)の番号です。正式な建制部隊名に代えて南方軍総司令部=「第1601部隊」、飛行第61戦隊=「第9604部隊」のように使われました。いずれも軍事行動の秘匿のためです。

実際の軍事郵便では、兵団文字符と通称番号を組み合わせた「部隊通称号」の上に、さらに「派遣方面名」を冠記して使いました。例えば「ジャワ派遣勇第9604部隊」で初めて完全な軍事郵便の発信アドレスとなります。この派遣方面ごとに交換局が、例えば「ジャワ派遣」なら門司局といった具合に決まっていました。

裏田氏のこの連載記事は一部の軍事郵便コレクターや協力者に配られ、「知る人ぞ知る」存在でした。しかし、裏田氏が亡くなられた後、業績は埋もれかかっていました。最近になって秋田市のコレクター浅野周夫氏がご遺族の了解を得て編集・復刻し、関係資料も加えて出版されました。

本書には1ページ1点の形式で、陸軍関係約300点、海軍区別符関係約100点のエンタイアが陸軍史(戦史、部隊編制)研究者大内那翁逸氏の協力も得て解説されています。付録として、終戦時の師団・旅団一覧、歩兵連隊の番号順一覧、基幹歩兵連隊史などの資料もあって検索に便利です。

この本さえあれば直ちにすべての軍事郵便の「素性」が分かる、というものではありません。しかし、ここで採られている裏田氏の解析の手法を応用すれば、個々の軍事郵便の調査をいっそう深めることができるでしょう。軍事郵便で使われた通称号が書物になるのは初めてのことです。多年のご苦労の末、刊行にこぎ着けられた浅野氏のご努力に敬意を表します。

『日中戦争・太平洋戦争期における実例による軍事郵便解析の手引き』
裏田稔・大内那翁逸共著、浅野周夫編集、自費出版(2016年4月)、A4判454ページ、4,500円
裏田氏は初期の『消印とエンタイヤ』誌などを舞台に、中牛馬、機械印、軍事郵便など多方面で活躍した高名な郵便史研究家(1931-2002年)。大内氏は大著『旧帝国陸軍編制便覧』の共同執筆・編集者。(浅野氏の連絡先は秋田市八橋イサノ2-3-22)
posted by GANさん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

分かりやすい飛脚入門書

筆者(GAN)は日本の飛脚についてはまったく無知な門外漢です。しかし、かねてからいくつかの関心を持っていました。主なものは3点。

 1. 流通サービス業としての飛脚業はどのようなビジネスモデルを持っていたのか(信書、モノ、カネの輸送組織と利益構造)
 2. 郵便事業の存在を意識した場合、「飛脚」「飛脚業」はどう定義出来るか(郵便と飛脚との決定的な相違点は何か)
 3. 飛脚状を収集する場合、どのように分類すれば普遍性、合理性を持てるか(組織的コレクションとして成り立つ可能性はあるか)

これらを一気に解決する本はないものかと安易にも求めていたのですが、なかなかその意を得ることはできません。学者や飛脚状コレクターなど先学は、いずれも「飛脚」という概念をアプリオリな、「天与の存在」とでも捉えているようです。筆者が求めるような初歩的な知識について改めて述べているものは見当たりませんでした。

courier.jpg昨年、飛脚状コレクターとしても著名なディーラーの山崎好是氏に本書(末尾の要項ご参照)を紹介してもらい、最近読了しました。もちろん、上記3点を一挙解決とはいきませんが、筆者が目にしてきたどの著述より素人にも分かりやすく書かれています。日本の飛脚一般の入門書と言えるかと思います。

これまでの飛脚本や論文のように専門的な個別・特殊例の説明に終始するのではなく、一般的な通史も交えて普遍的に述べようと努めている態度に好感を覚えます。基礎的な知識を与えてくれる良書です。

本書は全10章からなりますが、筆者にとっては中でも
 第3章 三都の飛脚問屋
 第4章 飛脚ネットワーク
 第6章 輸送システムと飛脚利用
が有益でした。

特に、江戸時代後期の飛脚業者のリストが三都(京、大坂、江戸)を中心に、「江戸六組飛脚仲間」「江戸の町飛脚」「西国筋飛脚」「飛脚便宜鑑(京の業者)」「京羽二重(同)」「難波丸綱目(大阪の業者)」「江戸定飛脚仲間」などと一覧表にまとめられているのが見やすく、ありがたいと思いました。資料性が高く、とても便利です。飛脚状に押されている取扱業者の印判を読み解くさいの手がかりとして威力を顕しそうです。

ひとつ残念だったのは、
「第10章 幕末維新期の飛脚」 の部分です。飛脚と郵便の関係について、最新の知見に基づいた積極的な論考を期待したのですが、筆者を納得させるものではありませんでした。前島密の「自画自賛噺」批判はよいのですが、それから脱却し、大胆に再構築した「郵便創業と飛脚の『協業』」についての立論を読ませてもらいたいものです。

『江戸の飛脚 人と馬による情報通信史』
巻島隆著、教育評論社刊(2015年)、B6判384ページ、2,600円
著者は1966年生まれ。「近世における飛脚問屋の研究--情報・金融・流通・文化の地域間交流」で博士号を得、群馬大学非常勤講師。郵便史研究会の会員として同会「紀要」に論文を発表しておられ、ご存じの方も多いと思います。
posted by GANさん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

最近の情報10周年記念誌

OSADA.jpg「清水の親分さん」こと「小判振舞処」主宰者の長田伊玖雄氏が編集・発行した「最近の情報発信10周年記念」誌が届きました。ちょうど検査入院する当日だったので、「これこれ」と入院グッズに加えて病院に持ち込みました。

検査待ちの退屈しのぎにちょうどいいかと思ったのですが、とんでもない。内容の重厚さに圧倒され、入院患者特有のボケ(院内感染性集中力欠損症)も加わって、精読には程遠いまま退院してしまいました。それから2日経っても、まだ完読出来ていません。

といった言い訳を前提に、小判にはまったくの門外漢の立場から、僭越ですが紹介と感想を書かせていただきます。

記念誌はA4判212ページ。小判振舞処の発行で、発行日は2014年4月吉日となっています。カラーコピーやデジタル画像を駆使し、オンデマンド方式によりオールカラーで印刷されています。一部を除くほとんどを長田氏が文字入力されたのでしょう。ページの編集と併せ、大変なご苦労だったと思います。

「最近の情報」はご存知の通り、小判切手収集家の情報や調査研究結果の共有通信の性格があります。記念誌には、伝統郵趣、文献資料、郵便史の3部門に分けて大小29編の報告ないし論文、それにアルバムリーフ紹介が載っています。

GANがチラ見した限りで最も興味深く、印象に残ったのは佐々木義郎氏「北上川の舟運」でした。太平洋廻りや琵琶湖上などの船便や舟便は聞き知っていましたが、それと同じ楽しみ方が川の舟運便でも出来ることを教えていただきました。

ただ残念なことに、説明地図がありません。この種の記事には各地名の位置関係が大事。地理に疎いGANにはもひとつピンと来ず、隔靴掻痒の感がありました。ごく簡単な略図でも添えられていれば、読者の理解は一層深まるでしょう。

コレクションとしては片山七三雄氏「鉄道停車場内設置の電信取扱局所と小判切手」に脱帽しました。郵便史的ハンコの収集としては、もう完集寸前のところまで来ているではありませんか。調査はもちろんですが、ブツの入手に大変な時間と労力をかけて来られたことが推察できました。

伝統郵趣では、井上和幸氏「小判8銭2次原版のプレーティング」が、重要なポイントが素人にも分かりやすく書かれ、興味深く読めました。田中寛氏「明治35年の赤二」は、さすが大ベテランは眼の着け所が違う、と唸らされました。文句なく面白いし、収集家にさり気なく新たな集め方のヒントを提供してくれています。
posted by GANさん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献・論文 | 更新情報をチェックする