2014年06月10日

訪欧飛行カバーの大疑問

BOURGET-2.jpg1925(大正14)年に東京朝日新聞社が行った訪欧飛行に積まれたカバーです。と、簡単に言いきれもしない、多くのナゾも積み込んでいるカバーでもあります。

訪欧飛行は日本人飛行士による初の西回りヨーロッパ往復飛行です。単発複座複葉のブレゲー19型2機が採用されされました。機体は中島飛行機会社がフランス・ブレゲー社のライセンスで製造しました。「初風」「東風(こちかぜ)」と命名され、国民的な熱狂の中で7月25日に東京の代々木練兵場を出発していきます。

両機は平壌、哈爾賓、イルクーツク、モスクワ、ベルリンを経由し、2ヵ月を過ぎた9月28日パリに到着しました。さらにロンドン、ブラッセル、ローマを訪問した後、翌26年1月10日に東京に帰着しています。朝日新聞社員の河内一彦1等飛行士ら4人の乗員は「空の4勇士」と呼ばれ、国民的ヒーローとなりました。

このカバーはパリ郊外ル・ブールジェ空港長宛てです。田沢10銭単貼りが櫛型印に似た大型の黒色ゴム印「訪欧飛行東京出発/25.7.1925/TOKYO OSAKA ASAHI」で抹消されています。フランス北東部のストラスブール局9月26日、ブールジェ空港局9月28日の、それぞれ到着日付印があります。

さらに、カバー左上に発信者の記入と思われる「飛行郵便/封書」のペン字、朝日新聞社の赤色「訪欧大飛行記念」カシェ、左下にはブールジェ空港の二重角枠日付入り受付印、右辺中央部に河内飛行士のサインまであります。実逓REAL RUNはまあ、間違いないでしょう。

これだけ「役者」がそろっているというのに、違和感がぬぐえません。これは本当に飛行郵便なのでしょうか。当時の国際郵便書状料金は20銭だったので、10銭では不足です。正規の飛行郵便が行われたのなら、逓信省の告示類や郵趣界の対応などがあって然るべきです。が、これらはまったく見られません。

そもそも郵便切手の抹消が東京中央局の櫛型日付印でなく、朝日新聞社の私印で行われているのがおかしい。GANは昔、朝日新聞社の社史編纂室(東京)に潜り込んで調べたことがあります。しかし、「訪欧飛行に郵便物搭載」を示すような資料はまったく見当たりませんでした。

全国民的な支持を受けたこのプランに逓信当局が「差出人ノ危険負担ニ於イテ」でも郵便物搭載を認めなかった(らしい)のはなぜか。「一民間企業を信用できなかった」は理由になりません。河内飛行士の相棒のもう一人の飛行士は逓信省航空局航空官の安辺浩陸軍大尉、れっきとした現職官吏なのです。

朝日新聞社は当然公認されると考えて郵便物搭載の準備を進めていた。しかし、何らかの理由で当局から拒否された。公募以前に届けられていた少数のカバーがあったため私印を使って凌いだ、というのが真相かも知れません。

郵趣家が一方的な思い込みで初飛行カバーを依頼したのなら、朝日側が郵便印まがいの私印まで作る理由がありません。返却すれば済むだけのことです。この櫛型類似印はこの「飛行カバー」にしか見られず、朝日側にも何らかの計画があったことを示唆しています。

ついでに言えば、この種カバーは恐らく1ダース以上存在すると思われますが、貼付切手がまちまちなのを除けばほぼ同じ(河内飛行士サインのあるものはこの1点だけ)です。このカバー作者以外が製作したカバーは現れていません。

航空郵便史収集を開拓した大先輩・園山精助氏は『日本航空郵便物語』(1986年)で、「堅いことをいう必要はない。大飛行の記念品として記録しておけばよい」と記しました。それから30年近く経っても解明がまったく進んでいないのが残念です。
posted by GANさん at 22:42
"訪欧飛行カバーの大疑問"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]