2020年08月29日

郵研時代の思い出を発掘

終活を兼ねて身辺整理をしていたら、写真がポツンと1枚出てきました。学生が大勢写っていて、裏に「(昭和)35年度春期郵研総会 35.5.7 山上食堂にて」とあります。むかし大学郵研にいて、キャンパス内の食堂でこの会場作りを手伝った記憶が一気に蘇りました。

切手研3.jpg

GANが東京の大学に入って真っ先に訪ねたのが郵便切手研究会の部室でした。高校時代は地元の郵趣会に入っていたので、「ビードロ、まりつきの世界にドップリとはまれる」と勇んだのです。入会手続は無事済ませたはずですが、その後がもういけません。いつ部室に行っても、だれもいないのです。

1年生の教養課程は本部キャンパスとは別だったので、そうそう毎日通ったわけでもないのですが、とにかくだれとも会わない。いや、正確には時に一人だけいました。あんパンみたいな学帽をかぶった新入生同士です。今は名前も忘れましたが、よく同じバスで帰りました。魚籃坂(ぎょらんざか)下のバス停で乗り、彼は柿の木坂、GANは自由ケ丘で降りていました。

バスの終点は等々力(とどろき)だったので、世田谷局等々力分室に行って速達の実逓便でも作っておけばよかったと、今なら思います。当時は等々力に分室があることも、「エンタイア」という言葉さえ知りません。何の活動もないまま退会しました。といっても、ただ部室に行かなくなっただけのことですが。

60年安保闘争が最高潮の「政治の季節」でした。連日のように行われた国会包囲デモに、ノンポリ(政治無関心層)学生のGANもよく参加しました。「安保! 粉砕!」「岸を! 倒せ!」。最近辞めた首相のトラウマにもなったようですが、彼の祖父(当時の首相)を引きずり降ろす何万、何十万人ものシュプレヒコールで議事堂を震わせました。

登校はしても、各クラスで「デモ参加のため今日は授業放棄」と決議し、ぞろぞろと霞ヶ関に向かうのが日常風景でした。郵研が空白状態だったのも、今から考えると当然だったのかも知れません。これとは真逆に、丹下、児玉、山崎、小林氏らを輩出して大学郵研が黄金時代を迎えるのは1世代後のことです。

改めて写真を見返すと、講師にお迎えした三井先生(三井高陽元教授、切手研究会会長)を中心に、まだ初々しいGANも含めて学生20人ばかりと、OBらしい背広姿の数人も写っています。そして何と、先生の右側に一番弟子然と構えているOBは荻原海一氏ではありませんか。60年も経って初めて気が付きました。

荻原氏は既にドイツ建物切手で注目の若手収集家だったはずですが、むろんGANはそんなこと知らず、同席した認識さえないのです。奇縁で知り合い、同分野での無二の収友となったのは、写真から4半世紀ほど過ぎてからのことでした。1枚の写真が思わぬ過去を発掘してくれました。本人に伝え興じ合う術の、今はないことばかりが残念です。

(荻原氏については、本ブログ2016年9月9日「荻原海一さんを悼む」をご参照下さい。)
posted by GANさん at 22:20
"郵研時代の思い出を発掘"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。