2020年11月25日

神奈川平尾前郵便受付所

平尾前-1.jpg平尾前-2.jpgのはがきに押されている日付印は中央の日付欄に「.12.9.28」とあるだけで、局名も時刻もありません。上下の印体を入れ忘れた櫛型印のようにも見えます。いったいこれは櫛型印か、それとも櫛型がないから丸二印?

差出人の住所は「横浜東神奈川渡辺山」とあります。はがきが銘付き分銅であることから、関東大震災直後の大正12(1923)年9月28日に横浜市の東神奈川から発信されたことが分かります。この一帯は被災した神奈川局の受持区域でした。神奈川局が復旧して業務を再開し、このはがきを引き受けたのでしょうか。

関東大地震の直撃を受けた横浜市は家屋が軒並み倒壊し、続発した火災で全市が壊滅しました。横浜局と市内2等局の長者町、桜木、横浜駅前、神奈川の全局が一瞬にして機能を失ってしまいます。翌日から市内郵便システムの再建が始まりましたが、断片的な記録しかなく詳しい経緯は分かっていません。

信頼できる資料の一つ、「(公報)震災彙報いほう神奈川版」第1号(臨時震災救護事務局9月11日発行)によると、まず9日までに全市を網羅する8ヵ所にテント張りなどで郵便受付所が急設されています。はがきと書状だけ受け付け、東西2方向に区分して横浜港から軍艦など船で運び出しました。関東以北は東京の品川港へ、関西方面へは静岡県清水港向けでした。

8ヵ所の郵便受付所の一つに「神奈川平尾前」があります。神奈川局職員の独身寮と見られる「合宿所」が充てられました。「平尾前」は当時の横浜市神奈川町内の小字で横浜市域の北端部でした。現在の神奈川区平川町に当たり、JR東神奈川駅の500mほど西にある神奈川工高の場所になります。はがきの発信アドレスにある「渡辺山」も神奈川町の小字のようですが、当時の地図に見当たりません。

神奈川局が復旧したのは10月後半か11月初旬と見られ、C欄「★★★」の特異な日付印を使ったことが昔からよく報告されています。その前、9月から10月半ばぐらいの間に「平尾前郵便受付所」で使われたのが、この「丸二型様日付印」だとGANは考えています。似た使用例がこの地区で複数あることが根拠です。

ただし、神奈川局が意外に早く9月下旬には再開し、復旧局で最初に使ったのがこの日付印だった可能性も残ります。8ヵ所の郵便受付所がいつまで業務を続け、廃止されたのかを明かす資料がその後の「震災彙報神奈川版」も含めて見当たらないからです。

以下はGANの推測です。--神奈川局の廃墟から焼け残った日付印の印顆と数個の日付活字が見つかりました。最寄りの平尾前受付所でこの焼け残り印が活用されます。神奈川局の業務ではないので局名欄は空白とし、1日1回だけの発送なので時刻欄も不要でした。年活字「12」がないので、前に点のある月日活字「.12」で代用しました。

このような推測を重ね、最初に示したはがきは平尾前受付所で扱われた可能性が強いと考えられます。同じ時期に焼け残り日付印を回収して使った例は他に「横浜公園内郵便受付所」でも見られます。
posted by GANさん at 20:25
"神奈川平尾前郵便受付所"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。