2021年01月28日

富士山季節局の42年活字

富士山42年2-1 .jpg季節局としての富士山局・富士山北局の印影変化にはなかなか面白いものがあります。毎シーズンの使用例を、せめて大正初期ぐらいまでは集めたいと思っているのですが、道半ばどころか、その遙か手前です。つい最近入手した1点で、小さいけど新しい発見がありました。

右図は明治42(1909)年7月21日に富士山局で引き受けられた青菊はがきです。日付印の年活字「42」が国内全局で使われる標準的なフォントとは全く異なる「異体字」なのに気がつきました。故・水野虎杖氏を信奉するGANとしては改めて水野教のバイブル『櫛型印の形態学』(1972-74年)に何か載っていないか当たってみましたが、直接関連する記述は見当たりません。

E5AF8CE5A3ABE5B1B142E5B9B42-220.jpgこの「42」年活字を隣の月、日活字と見比べます。フォント自体が日活字の「2」と全く違いますが、すぐ分かるのは、サイズが他の活字より一回り大きいことです。B欄を仕切る上下の桁につっかえるほど接するか、ほぼ接しています。こんなジャンボサイズな年活字は前代未聞です。以後の太平洋戦争混乱期でも見たことがありません。なぜ、このように特異な年活字か使われたのでしょうか。

これを見てすぐ思い浮かぶのが、樺太の軍政から民政へ移行直後の時期に使われた丸二型印、丸二型類似櫛型印の年号活字との関連です。かの水野尊師も前掲書に記録しておられます。しかし、調べてみると、これとは無関係なことがすぐ分かりました。樺太「42」年号活字もやや大型の非標準フォントですが、富士山局ほどまでサイズが大きくはありません。

樺太3.jpg樺太2.jpg右図は山下精一氏『樺太の郵便』(1978年)からの引用です。ノダサン局、トンナイチャ局の「42」はそれぞれ別々の「異体フォント」で、ノダサン局の方は丸二印の改造印のように見えます。しかし、どちらの活字も上下の桁からは十分に離れていることがはっきり分かり、富士山局とは異なるのです。

E5AF8CE5A3ABE5B1B142E5B9B42-2.jpg面白いことに、同じ富士山局42年印でも8月17日の日付印では年活字に標準型フォントが使われています(左図)。巨大「42」年活字はどうやら開局直後だけの短期間使用だったようです。

ここから先の3段はGANの妄想です。‥‥明治42年の夏山シーズン、7月20日の開局日直前のことでした。富士山局を管理する御殿場局で、担当局員が10ヵ月ぶりに倉庫から日付印箱を取り出し、ほこりを払って点検しました。すると、ナ、ナ、ナント、年活字は昨年の「41」だけ。今年用の「42」が見あたらないではありませんか。

日付印で使う12個の月活字セットや31個の日活字セットは同じものを何年でも使えますが、年活字だけは毎年新調しなければなりません。翌年分を監督局の横浜局に支給申請しておくと、毎年12月初めに送られてくるのが通例でした。しかし、夏期以外は閉局している富士山局だけは「員数外」で、うっかり申請を出し忘れていたのです。

さあ、えらいことになった。年活字がなければ通信日付印は用をなさず、使うことができません。日付印は郵便局の存在証明そのもので、下手すると開局さえ危うくなりかねません。局員は横浜局への通報もそこそこに、大あわてで町内のハンコ屋さんに走ります。渋る職人を拝み倒して「42」活字を手彫りで即製してもらい、何とか間に合わせたのでした。

‥‥といった「寸劇」が思い浮かびます。この筋書きなら、初体験の職人が「枠内に収まりゃいいんだろ」と目一杯のサイズで彫ったことも、横浜局から標準型の年活字がすぐ追送されて差し替えられただろうこともナットクです。季節局にはありそうなドタバタ劇の遺産ではないかとGANは考えるのですが、果たして真相や、いかに。
posted by GANさん at 19:57
"富士山季節局の42年活字"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。